TLDとは?

 TLDとは?

 TLD=トータルライフデザインは、あなたの日常生活を総合的に

検証し、正しい健康生活に導くトータル健康法です。

 なぜ、今、トータル的な健康法が必要なのか、そしてトータルとは?

下記の項目順にご説明します。

人間って何?

 私たちの身体は、神秘に満ちており、まだほとんど解明できていないといわれています。身体の中には、約60兆個の細胞があり、それぞれが活動することにより生命活動を維持することができます。
その細胞の中には核があり、その中には身体の設計図が書かれたDNA(ヒトゲノム)があります。
 現在、ヒトゲノムの研究は全世界で活発に行われており、人体解明への切り札として注目されています。
しかし、すでにヒトゲノムの情報には、書かれていないものも出てきており、人体の全容を解明するには至らないのではという声も聞こえてきました。

  2004年「ネイチャー・バイオテクノロジー」10月号に「人間は、ヒトの細胞と細菌からなる『超有機体』である」と発表されました。これは、ロンドン大学インペリアル・カレッジのジェレミー・ニコルソン教授率いる科学者たちの研究です。その内容には、「あなたの体内に存在する細胞のかなりの部分は、あなた自身のものではない。それどころか、ヒトの細胞でさえない。それは細菌(バクテリア)の細胞なのだ。目には見えないが足の指の間で増殖の機会をうかがっている菌類から、腸の中の1キログラムにもおよぶ細菌類に至るまで、さまざまな要素を考えると、われわれ人間は歩く「超有機体」であり、ヒトの細胞と菌類、細菌、ウイルスが高度に絡み合った存在とみるのが、最も適切なとらえ方と言えるだろう。」と、あります。さらにニコルソン教授は、「ヒトゲノムが与えてくれるのは、わずかな情報にすぎない。体内微生物と人体の相互作用を理解すれば、ヒトに関する生物学や医学がヒトゲノムの領域を超えて発展することになり、遺伝子と環境との新種の相互作用の解明にも役立つ。」と、述べています。
ヒトゲノムの解釈だけでも大変な作業であるにもかかわらず、人間の細胞の数より多い体内の細菌類を500種類も研究し、人間の体との相互関係を解明していくというのです。そのパターンだけでも、天文学的な数字になるのでは・・・と、考えてしまいます。

 さらに忘れてならないのは、人間には他の動物よりはるかに発達した脳と心を持っていることです。
心がどこにあるのか?遠い昔からの謎です。心と身体は、対比し、別々のものという考え方もあります。
 一方、脳が心をつくりだすという説もあり、脳=心という考え方を持った学者もいます。
 私ども生命科学21研究所では、心は脳を介して身体と結びつくという立場でいます。脳から非常に複雑な心がすべて生まれるとは、考えにくいのです。
それはともかく、十数年前なら考えられないほど心のあり方を重要視するようになって来ました。今や医療業界でも、心と体の関係を軽視する医学者は少ないようです。
 見えない世界「心」は、人間の健康状態に密接に関係しています。人間を語る上には、この心も上記に述べた、ヒトゲノム、細菌等との相互関係も必要になってきます。さらに様々な外部環境との研究も必要でしょう。

 このように考えると人間の解明は、気の遠くなるほど先になるかもしれません。現状、人間は、人間を完全に人工で作ることも、人間自体を理解することさえできません。私たちは、人間が外見だけでなく、目に見えない部分も含め、非常に複雑な多重構造の超有機体であることをしっかり認識した上で、その神秘な身体を健康に維持していく術を考えるべきではないでしょうか。

生活習慣病のメカニズム

 わが国日本は、長寿国として世界に知られていますが、その実態は、国家予算の40%以上を医療費が占める病気大国なのです。
せっかく長生きできても、病気になり、寝たきりになって、つらい日々を送り、さらに家族にも迷惑をかけて悩んでいる年配者が、増えてきています。高齢社会が進むにつれ、ますます深刻化していきそうです。また、国民病とも言える生活習慣病は、シルバー世代から、まだまだ働き盛りの壮年層や若い人達まで、幅広い層に広がっています。自分のことは、自分で守らなければなりません。そのために、いかに健康を維持していくかが、とても重要になってきます。
 生活習慣病は、年々ますます増えてきています。
医学が進歩しても、新しい薬剤や健康食品が開発されても、さらに国や栄養学者が食事指針を示しても、生活習慣病を減らすことには至っていません。
健康情報ばかりが氾濫している現代。私たちは、何を信じて生活習慣病から身を守ったらよいのでしょうか?

 まずは、生活習慣病のメカニズムについて、お伝えしましょう。

 生活習慣病の多くは、心の乱れ・血液の乱れ・運動不足によって、もたらされます。この3つの要因は、それぞれ相互関係があり、密接に影響しています。
特に心の乱れは、現代人にとって大変大きな要因になります。
人生設計ならびに仕事の内容・先行き等の問題、職場及び周りの人間関係や金銭問題等、私たちは、他にもいろいろな問題を抱えながら生きています。そして、そのストレスが心を乱していきます。
他にも、イヤなものを見たり聞いたり、臭い、音、温度や湿度、有害物質など、まわりの環境によっても心が乱されることもあります。

 心が乱れると、身体の中の自律神経が乱れ、ホルモンの分泌に異常が見られます。自律神経とホルモンは、身体を正常にコントロールするための大事な機能を持っています。
その自律神経とホルモンの働きが異常になると、肝臓、腎臓・・・などの各臓器の機能が落ちてきます。そして、身体中の細胞が栄養を摂取しエネルギーを生産し、老廃物を排出するといった生命活動の基本である代謝が低下します。
それにより、身体中に多量の老廃物が発生してしまいます。このような悪循環(負の相関)が、繰り返し行なわれると、細胞が変異・破壊されます。そうなれば、病気です。
病気になると、さらに心が乱れます。

生活習慣病のメカニズム

 
 長い間、健康を語る上で、心の問題はいつも軽視されてきました。しかし、健康を維持する上で一番重要なものと考えを改めなければなりません。いくら身体に良いとされている食物を摂っても、心が乱れていると栄養がしっかり摂取することができず、老廃物を排出することもできなくなってしまいます。ですから、心の健康も毎日考えましょう。

 さて、血液の乱れも大きな要因です。こちらの病気への流れも同じようなことが言えます。多くのメディアでも取り上げられているとおり、食生活が乱れると血液が汚れます。そして、汚い血液の中では、細胞の質が低下し、細胞レベルで代謝が変調します。すると、臓器等の機能が低下し、全身の代謝が落ち、多量の老廃物を身体中に溜め込んでしまいます。これが繰り返し行なわれれば、細胞が変異・破壊され、病気になってしまいます。

 次に運動ですが、身体と運動との関係は、運動関係の項目でお話しますが、運動不足は、心や血液の乱れに密接に関係しています。仕事や家庭の事情等でなかなか運動ができない現代人は、知らず知らず病気になりやすい身体になってしまいます。健康を維持する上で、運動も欠かせません。

 このように生活習慣病のメカニズムは、心と血液の汚れ、そして運動不足が大きな要因です。先に述べましたように人間の身体は、まだまだわかりません。しかし、身体はとても複雑であるということは、容易にわかります。1つ2つの健康情報の実行ではなく、健康を維持するためにもっと視野を広げるべきではないでしょうか。

トータル健康法 = TLD

 人は常に、多くの夢や願望を抱いて生きています。安らかな心、健康な身体、円滑な人間関係、平和な家庭、豊かな生活、身体的能力、知的能力、様々な成功、世界の平和など、数え切れないほどです。
 どんな夢や願望も、基盤となるものは、一人一人の健康です。多くの人が、心身ともに健康になることがベースです。なぜなら、健康がなければ、喜びも、充足感も、ありがたさも、美しさも、愛も、心から感じることができません。本当の幸福感を、味わうことができません。そのような状態では、いい生き方も、平和な世の中も、心から考えることも行動もできません。
 幸せと平和は、過去から現在まで、だれもが求め続けてきたものです。そのためのベースである本当の健康は、生活の反映であり、生き方そのものであるということに、今多くの人が気づきはじめました。

 真の健康を得るためには、毎日の生活や環境を整えることが根本です。現代人の生活には、多くの要素があります。食生活、精神生活、動的生活、生活環境など、生活に関わるあらゆるものが健康に直結します。それぞれのものには、さらに多くの要素があります。食事においても、食材、調理、組み合わせ、食べ方など。食材は、産地、栽培、加工、栄養、保存など。調理は、水、調味料、加工法、加熱法、調理器具、食材の処理法、組み合わせなど。食べ方は、時、量、食べる時の意識など。精神生活においても、知性、理性、下意識、感情、感性、核心意識など、多重構造をなしています。
 複雑きわまりない生活全体を整理し、調和して、だれでもできる日常の習慣にしていくことが求められています。健康を造り、維持していくためには、部分的・表面的・一時的な見方ではなく、総合的にとらえて対処することが必要です。

 TLD=トータルライフデザインは、人が生きていくすべてのものを、統合整理して、最高の生き方を構築していく指針とするものです。今後、多くの人々の協力を得て、どこまでも進化・向上を続けていきます。
 生活全体を交通整理すると、実生活はとてもシンプルになり、すべての面で生きやすくなります。そして、心身が安定し、物心ともに余裕ができて、人にとって最も大切なものへ意識を向けるゆとりが生まれます。そこから初めて、幸せと平和が生まれる基盤ができ上がるのです。

ページTOP