TOPへ

葛の効用


葛の驚異的な生命力

 葛は、マメ科最大のつる性多年草で、アジアの温帯原産です。葉は、3枚の小葉からなる複葉で10~15cmほどになります。花は紫紅色で芳香があり、7~9月頃、房状に群をなして咲きます。果実は、緑色の豆さや状に生ります。葛の花は、秋の七草の一つです。葛の生命力は強大で、どんな荒地でもどんどん繁殖し、驚くほどのスピードで広がっていきます。根には窒素を蓄えた根粒バクテリアが付着しているため、土壌が肥沃化して、他の植物も育ちやすい大地を作ります。大木でも、葛に絡みつかれると枯れてしまうほどの生命力です。


世界の広範囲に分布する葛

 『葛』の名の由来は、産地・国栖(くず)村(むら)からという説。正式名称『くずかずら』が略されて『くず』になったという説。葛は播かずに生えるので『まかず』と呼ばれ、それが転じて『まくず』となり『くず』になったという説。万葉集では、『まくず』と詠まれました。国栖村産が最も良品といわれていたため、国栖一体を含む吉野地方で生産されるものを、『吉野葛』と名がつけられていました。

 葛は、日本を始め、中国、台湾、韓国等、東アジア各国から、アメリカ大陸にまで広範囲に分布しています。日本の産地は、奈良、長野、鹿児島、岐阜、群馬、滋賀、新潟、和歌山、愛知、静岡など各地で生産されていました。現在では、奈良と鹿児島で大半が採取され、生産は主に奈良、福岡、鹿児島で行われています。

 「吉野葛」「本葛粉」と表示された商品が、全国で販売されていますが、100%葛の製品は、ほとんどありません。ジャガイモデンプンやサツマイモデンプンを混ぜたものが大半です。菓子や料理に使うのなら100%葛でなくてもいいのでしょうが、健康保持や体質改善が目的なら、本物にこだわらなければなりません。わずかでも混ぜものがあるものを食べると、病気は悪化します。場合によっては、深刻な事態に陥る恐れもあります。

 葛に似たもので、片栗粉やわらび粉があります。片栗粉は、ユリ科植物のカタクリの鱗茎から抽出したデンプンです。わらび粉は、わらびの根茎から抽出したデンプンです。片栗粉とわらび粉にいたっては、本物は皆無といってもいいでしょう。


葛の製造

 本物の葛は、現在も400年前と基本的に同じ製法で作られています。部分的に機械化されているところがあるだけです。

 葛は、栽培しても良質なものはできません。そのため、現在でも山中に入って手で大きな根を掘り、肩に担いで運び出します。これを水洗いして粉砕機にかけ、細かい繊維に砕きます。つぶされた繊維の間に含まれたでんぷん質を、水の中に溶かし出します。できた乳白色の液体を、150メッシュの篩(ふるい)を通して、容器の中に一昼夜放置します。容器の底には、葛の成分が沈殿して固まります。この塊を、もう一度水に溶かして、2~3日放置し沈殿させます。上水を捨て、再び水に溶かして同じ工程を10回繰り返します。晒(さら)されてきれいになって沈殿している葛を、小さく割って50日くらい自然乾燥させます。電気乾燥では、良質な葛になりません。こうして葛粉が出来上がるまでに、2ヶ月を要します。葛の根100Kgで、7Kg取れるだけです。大変、貴重なものです。

 葛粉は、食用にするため晒(さら)してアクを取り去っているので、クセがなく食べやすくなっていますが、有効成分の大部分は失われています。葛を料理や菓子に使うのではなく、健康増進を目的とする場合は、有効成分をすべて残して濃縮した形にするのが合理的です。そこで、健康造りが目的のエキスタイプが生まれました。目的に応じて、使い分けるのが賢明です。エキスは、1日1~2gを摂るだけで充分です。味噌汁、煮物、ご飯などに入れると、摂取しやすくなります。


葛の歴史

 葛の歴史は大変古く、日本では1300年前に薬用として使われていたという記録が残っています。中国最古の薬物書「神(しん)農本(のうほん)草(ぞう)経(きょう)」には、葛の詳しい記述があります。「神農本草経」の原本は、中国・後漢の時代に書かれています。2200年の昔から、葛が薬用に使われていたのです。

 葛が盛んに使われるようになったのは、明治に入ってからです。医師・薬剤師の石塚(いしづか)左(さ)玄(げん)は、食を正すことによって健康保持・病気治療をめざす『食物養生法』(食養)を提唱し普及に努めました。彼の食養法の中で、葛は重要な位置を占めていました。石塚左玄が去った後、弟子の西端(にしはし)学があとを継ぎ、食養運動を推進していきました。その後は、桜沢如一により、食養は世界中に普及され、マクロビオティックとして事典にも載るようになりました。その中でも葛の効用は、ますます広範囲に活用されてきました。


万能の葛は上薬の代表

 葛に含まれる主な有効成分は、次のようなものです。ダイゼイン、プエラリン、プエラリン・キシロシド、ダイジン、ゲニステイン、ホルモネチン等のフラボノイド類は、ホルモンの補助、血管拡張、神経系の安定等に作用します。10種以上のサポニン類は、肝臓機能の高上、血圧安定、動脈柔軟化、脂質代謝改善等の効果。β-シトステロールは、免疫力の高上、コレステロールの調整、炎症の改善。アラントインは、皮膚組織の強化。ピニトールは、肝臓機能高上、糖代謝高上に作用します。

葛には、極めて広範囲な優れた効用があります。

◎ 血液を浄化する……血液中の老廃物の排泄を促し、血液細胞(赤血球、白血球
 など)の質を高上させる

◎ 血行を促進する……血液循環が円滑になると、全身器官の機能が高まる

◎ 体を温める……代謝を高め血行を盛んにするため、体が温まる

◎ 免疫機能を高める……免疫細胞の生成過程を改善するため、免疫機能が高上する 
◎ 体組織を柔軟にし、強靭にする……血管、筋肉、靭帯、関節などを、柔らかく
 し、強くする

◎ 自律神経を安定させる……人体のあらゆる器官をコントロールする自律神経系を
 整え、その機能を高上させることによって、全身器官の機能高上につながる

◎ 内分泌機能を高める……内分泌腺から分泌されるホルモンのバランスが整い、
 全身器官のコントロールが安定する

◎ 老化防止……老化の原因となる活性酸素、老廃物などを処理し、代謝を高上
 させることで、細胞が衰退するのを防ぐ

◎ 炎症を治める……病気や怪我の大部分は炎症の状態にあり、その改善を促進する

◎ 鎮痛……痛みの場所に血液を循環させて酸素を送り、停滞している分解産物を
 排除することにより、痛みが軽減する

◎ 痙攣(けいれん)を鎮める……顔、首、肩などのチック症状(ピクピクと痙攣)、
 横隔膜の痙攣(しゃっくり)、脚のこむら返りなど、筋肉組織の異常緊張を鎮める
◎ 血圧を安定させる……硬化した血管を柔軟にし、弛緩した血管を引き締めて
 安定させるため、高い血圧は下がり、低い血圧は上がる

◎ 血糖を安定させる……膵臓機能を高上させ、インスリン活性を高めて糖の代謝を
 整えるため、高い血糖は下がり、低い血糖は上がる

◎ 解毒……アルコールの分解産物、アセトアルデヒドや毒虫の毒素などを分解する

◎ 消化器の機能を高める……胃、腸、膵臓、胆嚢など、消化の機能を高上し、
 栄養素の処理(分解、吸収、同化)などを円滑にする

◎ 肝臓の機能を高める……500以上の働きを受け持つ人体最大の大きさと能力を
 持つ重要な臓器である肝臓の機能を高上させることは、血液質を高め、全身器官
 の機能が高上することにつながる

◎ 腎臓の機能を高める……体内の老廃物をはじめ有害物質を対外に排除すること
 によって、全細胞が十分機能できる内部環境を造る

◎ 副腎の機能を高める……免疫システムの要になる副腎を高上させることで、
 アレルギーや自己免疫疾患を改善し、感染症、癌などを防ぐ

◎ 循環器の機能を高める……血液の質と循環を整えることによって、血管や心臓の
 組織を強化し、機能を高上させる

 以上のように、身体全体をバランスよく改善する優れた植物です。年齢、性別、
体質、病状などに関係なく、誰でもいつでも摂って良いものです。葛は、漢方薬としても使われますが、食品として常食しても良いものです。このようなものを、漢方では、上薬(上品(じょうぼん))といい、安全で、効果的で誰でもが使える薬とされてきました。病気の時は、上品を使って治すのが名医といわれていました。

 漢方処方薬には、葛を主にしたものが、数多くあります。「葛根湯」「桂枝加
葛根湯」「葛根黄連黄芬湯」「葛根湯加川辛夷」「升麻葛根湯」「独活葛根湯」
「参蘇飲」等々。

 中でも、「葛根湯」は最もよく知られています。葛根湯は、葛根を主に、マオウ、ショウキョウ、ナツメ、ケイシ、シャクヤク、カンゾウを混合し、煎じて飲みます。風邪、麻疹(はしか)、急性中耳炎など熱性感染症、眼疾患、歯痛などに効果がある発汗解熱剤とされています。風邪の場合は、悪寒(寒気)、内熱(熱が内に篭っている)、首筋・肩(僧帽筋)、関節等のこり・痛みなどの症状がある初期の状態にのみ使用します。

 漢方処方薬は、適切な使い方をしなければかえって害が出ます。葛を単体で食品として使う場合は、どんな食べ方をしても一切かまいません。食生活の中に葛を取り入れて、健康増進に活用するのが、賢いやり方でしょう。


葛の活用

 葛は、全草が栄養と有効成分に富んでいます。

 花は、肝臓を強化し、アルコールの分解能力を高めます。慢性の頭痛にも、効果があります。採取した花は、陰干しにします。これを3~5g、水300ccに入れて加熱し、沸騰したら火を消し、冷めたら飲みます。酒を飲む前に飲んでおくと、悪酔いや二日酔いを防ぐことができます。頭痛には、粉末にして、1日、1~2gを水で飲みます。

 葉は、止血・解毒に効果があります。小腸の粘膜に停滞している重金属など有害物質の排出にも有効です。生葉を絞った汁を切傷に付けると、短時間で止血します。蜂やくもなど毒虫に刺された時は、絞り汁を30~50㏄飲み、傷口にも付けると解毒できます。貧血、糖尿病、胃腸粘膜の炎症や腸内異常発酵には、1日30~50㏄飲みます。若葉は、お浸しにしてもおいしく食べられます。花や葉は、いろいろな料理に使うといいでしょう。

 つるは入浴剤としても、効果的です。太いつる500g~1kgを、浴槽に入れて入浴します。神経痛、関節炎、筋肉の疲労・こり・痛み、血行不良、冷え性、皮膚炎などに有効です。

 根は、食中毒、虫垂炎(盲腸)、飲み過ぎによる吐血などに効果があります。生の根の絞り汁30~60㏄を飲みます。赤ちゃんのあせも、おむつかぶれ、皮膚炎等には、葛粉を微粉末にして皮膚に直接塗ります。

 葛の葉は、春の若葉を採取します。葛(かっ)花(か)は、7~9月頃採取します。葛(かっ)根(こん)は、冬季11~3月に掘ります。冬季は、葉が枯れて根に栄養が蓄えられます。春・夏は、栄養分が根から葉や花に移行して、根には細かい空洞ができます。採取時期によって、効果に大きな差が出ます。根は、サイコロ状か板状に切って天火に干し、よく乾燥させます。これを密閉容器に入れて、保存します。


葛で効率よく急速体内クリーニング

 現代人の体内には、栄養素の代謝産物、疲労物質、古い細胞の分解産物、活性酸素の残骸、有害重金属等々、多種多様な老廃物が滞っています。これらの老廃物は、慢性疲労、病気、老化などの最大の元凶になり、精神にまで悪影響を及ぼします。

 これらの不要物質を、安全に効率よく対外に排除して、体内環境を浄化するには、葛の活用が最適です。葛を食べて、普通の生活を送りながら体質改善ができます。

 「体内葛浄化」は、葛のみを食べ、他のものは一切食べません。それを、2日から7日間続けます。場合によっては、さらに長く続けることもあります。葛は、消化器に対してほとんど負担がかからないので、胃腸を休ませることができます。余計な物質が体内に入らないので、循環器、呼吸器や肝臓、腎臓等も、負担が大幅に減ります。葛は分解処理が容易で、摂取量も少ないので、処理器官の活動量が減少するため、保持器官の活動が活発化します。人体は、吸収するものがなくなると、俄然、排出器官の活動が活発になります。体内のあらゆる細胞は、一斉に不要物質の排出にエネルギーを使い始めます。疲弊した細胞は、新しい細胞と交代し始めます。こうして、短期間に体内の浄化が行われます。目や皮膚を観察していると、日に日にきれいに変化していくのが判ります。

 葛浄化は、葛を食べる量や回数は制限しないのが原則です。ただし、極端に常軌を逸する量は避けます。食べ方は、葛がきが食べやすいでしょう。日数は、長いほど効果が上がります。

 水分摂取は、生水、水出し茶、煎じ茶等を、体温に近い温度で飲みます。
タンポポ、三年番茶、ヨモギ等が、適しています。


【葛がきの材料】

◎ 100%の本葛

◎ 水……浄水(浄水器を通した水、ミネラルウォーター)

◎ 塩分……天然塩、梅醤、みそ、しょうゆ、梅干、昆布末など

◎ その他、好みに応じて使用して良いもの……羅漢果、ナツメエキス

● 体質によっては、使用可能なもの……みりん、ハチミツ、メープルシロップ、
抹茶、緑茶、リンゴジュース、ミカンジュース

【葛がきの作り方】

◎ セラミック鍋または土鍋に、葛粉と味付け素材を入れる

   ✳ 塩分は、おいしく感じる程度の量

◎ 水を適量入れます……好みの硬さに調節

   ✳ 一例……葛粉、大さじ山盛り1杯、水150㏄

◎ 中火にかけ、へら、ロングスプーンなどでかき混ぜながら、加熱する(約5分)

◎ 透明感と粘りが出てきたら、出来上がり

体内浄化法 Ⅱ

 体内浄化のもう一つの方法は、玄米ご飯と葛エキスを併食するやり方です。
この方法ですと、ストレスなくできる方が多いでしょう。

 玄米ご飯を、普段の2分の一から3分の一量、副食は梅干とたくあんだけにします。葛エキスは、玄米ご飯に一緒に炊きこむか、水かお茶で飲みます。この食事を2日から7日間続けます。普通の生活パターンを変えずに、実行することができます。

 体内を急速浄化して、ある程度きれいになったところで食養をキッチリ行えば、体質改善が著しくスピードアップします。病気がある場合は、短期に高いレベルで健康造りが可能になります。

ページTOP