TOPへ

ハトムギ

ハトムギ

 人の身体は、60~70兆個の様々な細胞で成り立っています。それぞれの細胞が絶妙な連係プレーで身体全体を、バランスよく活動させています。一部の細胞がわずかに衰えても、全体のネットワークが微妙にバランスを崩しても、身体全体の機能が狂ってしまいます。人体は、この世で最も複雑な構造物です。これをいつまでもベストの状態に保っておくためには、細胞の環境と神経系のコントロールシステムを常にベストにしておくことが重要です。

 細胞の環境とは、血液です。細胞は、その周りを絶え間なく循環している血液によって、栄養素や酸素を受け取ってエネルギーを得ています。細胞が排出する老廃物は、また血液によって体外に運び出されます。この細胞の活動が滞りなく行われていれば、身体は円滑に機能します。そして、全身細胞の秩序をコントロールしているのが脳です。脳の中枢から神経系のネットワークを通じて、身体器官全体を整然と動かしています。

 脳細胞、神経細胞をはじめ、全ての体細胞は、血液によって養われています。血液の質が、重要な生命活動のカギになります。良質な血液の条件は、血液細胞の質が良く、血漿成分のバランスが良く、老廃物で汚染されていないきれいな血液です。きれいな良質血液が細胞を養っていれば、人体は常にイキイキと活発に働くことが出来ます。

 良質血液を造る最大の条件は、食生活です。現代人の食生活の乱れは、限度を超えています。マクロビオティックを実践している人でも、血液が汚染されていることがよくあります。血液の浄化は、健康の基盤です。食材の質と、食事の摂り方を、より向上させていくことが必要です。

 現代人の生活は、食生活、精神生活、環境、人的環境など、どこを見てもマイナス条件に囲まれています。充分な努力ができなくて、真の健康体にはなかなか至れない人が多いのも事実です。そのため、ある程度は補助手段が必要になります。ちまたには様々な健康法、手当法、補助食品等があふれています。中でも、体内の老廃物を排出する方法としては、ハトムギが群を抜いています。ハトムギは、体内に滞る不要なものを、ことごとく排除していきます。

体内に溜まる不要物質は、余剰水分、脂肪、細胞の分解産物、炭水化物・脂肪・タンパク質の代謝産物(燃えカス)、活性酸素、変異細胞、コレステロール、中性脂肪、過剰無機物等々、実に様々なものがあります。これらの老廃物は、血管壁や結合組織(細胞同士をつなぐ組織)に蓄積して、器官の衰えや炎症、変性、破壊を起こします。蓄積した場所によって、あらゆる病気に発展していきます。

ハトムギは、これらの老廃物(毒素)を効率よく排泄して、炎症や痛みを取り、むくみや膿を排出します。結石、脂肪瘤をはじめ、イボ、ウオノメ、ポリープ、筋腫など腫瘍細胞も排出します。胃、腸、肝臓、腎臓、膵臓、脾臓の機能も高めます。血管、リンパ管、心臓など循環器の機能を高めます。免疫システムを整えて、アレルギーやリウマチを改善します。糖尿病、関節炎、神経痛、筋肉痛等を改善します。また、筋肉や関節を軟らかくし、コリ、こわばり、痛み等を取ります。以上のように血液をきれいにして、各器官の機能を向上させることで皮膚の細胞も代謝が活発になって、あれ肌、シミ、ソバカス、ニキビ等も解消され、肌がきれいになってきます。母乳を与えている人は、分泌が旺盛になります。女性ホルモンの分泌が促進されるので、更年期障害や骨粗しょう症の予防にも有効です。

 ハトムギは、このように、効用の範囲がきわめて広い食品です。栄養価も高く、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルを、豊富に含んでいます。有効成分は、コイクセノライド、コイクネール、ゲルマニウム等が含まれています。

 ハトムギは、通常は胚乳のみが使われますが、有効成分の大半は殻、薄皮、渋皮の部分に含まれています。胚乳とその他の部分との成分含有量の差は、数十倍です。

 ハトムギが食用や薬用に使われてきた歴史は大変長く、およそ1500年前、中国・後漢時代の最古の薬草書「神農本草経」に記載されています。この書には、365種類の薬草が詳しく解説されており、ハトムギの記載もあります。薬草を上薬、中薬、下薬の3種類に分け、ハトムギは上薬に分類されています。上薬は、長期間にわたって毎日食べ続けても良いもので、そのほとんどが食品です。中薬は、病気の時だけに一時的に使うもので、普段は摂ってはいけないもの、下薬は、経験のあるものが注意して使用しないと、危険を伴うものとされています。その後、著された薬草書「本草綱目」(約500年前)にも、ハトムギが詳しく記載されています。日本では、江戸時代の儒学者・貝原益軒が著した「大和本草」(1708年)に、解説されています。

 食用としては、インド、マレーシア、タイ、ベトナム、韓国、中国などアジア全域で古来食べられてきました。日本では、享保年間(1716~1736)に伝わったとされています。現在では、広く世界の国で食用・薬用に多用されています。

【食べ方】

① ご飯に炊き込む

② ハトムギ粥

  ハトムギを土鍋で粥に炊く

③ スープ

  ハトムギ粉末に調味料を加えて、スープにする

④ お茶

  全粒ハトムギ(殻つき)を煎って、煎じる。

ページTOP