ここでは、TLDプログラム初級コースを体験なさった方のために
フォロー解説をさせていただいております。ぜひ、ご確認ください。

 初級コース解説

こころ
心の疲労度や安定度を知って、自ら改善する

 人が毎日健康で幸せに過ごしていくためには、心の調和・安定は最も重要なところです。

 心は、非常に複雑な多重構造をなしており、これをすべて理解しコントロールするのは、難しいことです。しかし、毎日を快適に過ごしていくレベルのことは、ポイントが分かれば誰にでもコントロールができるものです。

 心は脳を支配し、脳が全身を支配しています。したがって、心と脳がバランスを崩したら、身体全体に影響が及びます。

 脳内からは、約100種類の物質が生成され、脳幹にある自律神経とホルモン系の中枢を通じて、全身の組織をコントロールして、生命を維持しています。わずかな狂いでも、身体はバランスを崩し、心は、脳と肉体からのフィードバックにより、乱れてきます。

 心から脳にマイナスの影響を与えるのは、ストレスが最も大きな因となります。ストレス反応を起こさせる基となるものをストレッサーといいます。ストレッサーは誰にでもあり、一生なくなることはないでしょう。問題は、ストレッサーに左右されてしまう、自分自身の内面にあります。同じストレッサーに出会っても、人によって受ける影響には大きな差があります。それは、すべて心の違いにあるのです。つまり、どんなストレッサーがあっても、左右されない意識状態になればいいのです。

 ストレスの影響を受けない精神になると、何事においてもとても楽になります。そして、どんなことでもトラブルもなく、スムーズに進んでいきます。病気も起こすことが、なくなります。

 心を整える第一段階は、下意識(潜在意識)に、良い思いと良いイメージをインプットすることです。初級コースで紹介したのは、インスタント的やり方ですが、就寝前に行うと想像以上の効果が期待できます。