上級コース解説

 ここでは、TLDプログラム上級コースを体験なさった方のために
フォロー解説をさせていただいております。ぜひ、ご確認ください。
こころ

物質文明の反動

///上級コースでは、心をさらに深く掘り下げてチェックし、調和・安定した心の状態を築き上げていくことをめざします。
人はだれでも、さまざまな夢や希望を抱いて懸命に生きています。安らぎ、健康、人格向上、能力高進、成功、豊かで平和な暮らしなど、限りなく願望を持っています。果てしない願望が次々現れるのは、心からの喜びや幸福感を感じたい、永続的な真の満足感を得たいという思いが根底にあるからです。すべての人の共通の願いです。
 ところが、過去の歴史の中で人々は、願いとは逆行する現実を味わい苦しみ続けてきたのです。高度に発達した現代社会は、きわめて便利で豊かな時代になりました。ところが、物的豊かさと引き換えに、もっとも大切な健康と幸せを失うことになってしまいました。最も大切なものを失い、表面的・一過性の幸せを手にして一時的な満足感に浸っていることに、人々はようやく気づきはじめてきたようです。早く真実を知り、羅針を正さなければ、人類全体が取り返しのつかない方向へ進んでいってしまいます。
 今日ほど環境や生活が不調和になってきたのは、人々が自己の欲望と目先の充足感だけを追って走ってきた結果です。そこから、あらゆる摩擦、争い、アクシデント、内的トラブルなどが、際限なく発生し拡大の一途をたどってきました。その根源は、一人一人の心の核心部にあるのです。

意識がすべての根源

 健康と病気、幸福と不幸は、日常生活の反映です。健康と幸せは、体力、知力、権力、金力など能力や力で得られるものではありません。自らの努力で真の生き方に気づき、生活を根底から改めることでしか得ることはできません。生き方の根源は、心です。意識がすべてを決定するといっても、過言ではありません。心の調和をベースに、生活全体を改善し調和させていくことが必要です。
 意識は、複雑な多重構造を形成しています。通常の現実的認識ができる部分を、意識といいます。その奥には、認識できない無意識の世界が大きな位置を占めています。ここは、巨大な容量と力を持っています。さらに奥には、深層部があります。そして、最も中心に意識の核の部分があります。ここは、完全調和の心です。核の部分から表層まで、感情が重なって縦軸を形成しています。心を調和させるということは、意識全体をプラスの方向に整えるということです。
 通常は表層の意識の部分だけでものを見、考え、判断しています。その時、同時に無意識層が働いていることに自覚がありません。しかし、人の心は無意識層の働きが大半を占めています。実際には、無意識の中で、ものを見、判断しているのです。無意識が、主体で心は動いています。これを無視することはできません。
心身の健康をはじめ、学習、スポーツ、医学、教育、育児、政治、経済、アート、趣味、人間関係など、生活のあらゆる面に大きく関わっています。知的、肉体的、技術的、感性的全ての機能・行動においてベストの結果を得るには、意識の働きを知ることが不可欠です。意識の作用は、人の想像をはるかに超えています。
 多くの人が、健康を求めて努力をしています。少しの努力で、短期間にどんどん健康になっていく人もいます。大変な努力を長期間続けても、思うように健康になれない人もいます。長年の間、健康を願ってひたすら努力していたにもかかわらず、病に苦しみながら去っていく人が後を絶ちません。長年、厳しく食養を実践していたのに、癌や心臓病になってしまったという人がいかに多いことか。意識のことを、無視してきた結果です。
 マクロビオティックを確実に実践しながら意識をコントロールしていくと、少ないエネルギーと短い期間で高いレベルの健康を得て、これを維持することが容易になります。食と意識を完全にコントロールすることができれば、どんな難病であっても完全に健康を取り戻すことが可能です。
 医療の現場では、医師の意識が患者に大きく作用し、治癒力の差になって現れます。難病が容易に治ることもあり、軽い病気でもなかなか治らないこともあります。また、患者自身の意識の持ち方によっても、大差が生じます。場合によっては、生死を分けることもあります。
 教育現場では、教師の意識が生徒の意欲・能力・集中力を大きく左右します。どれほど優れた教育方法や教材より、教師のプラス意識の方が生徒を活かし伸ばしていくことができます。同時に、生徒自身の意識が重要です。教師と生徒双方の意識がプラスの方向に向けば、学習効率は大幅に上がります。
 妊娠中や育児中の母親は、意識のあり方がもっとも重要です。子は、母親の意識次第で一生を大きく左右されます。母親の普段の思い、感情の動きなど精神状態のすべてが、子の心の奥底に移行してしまいます。深層の意識にインプットされた膨大な情報は、子の能力、感性、考え方、健康、人間性のベースになっていきます。母親の責任は、実に重大です。 
 スポーツの世界では、意識のコントロールが必須条件です。普段の練習も本番の時も、リラックスと意識のあり方が、成果を大幅に左右します。練習時、意識をコントロールしてリラックスし、上達の意識を深層にインプットしておくと、飛躍的な能力アップにつながります。本番では、持っている能力を何倍にも発揮させることができます。一流のスポーツマンは、例外なく意識コントロールをマスターしています。
 経済界においても、意識が大きく影響します。昨今のような熾烈なビジネス戦争の中では、ただひたすら頑張るだけではもはや通用しない時代になりました。現代ビジネスは、情報やアイデアなど無形の要素が重視され、さらに意識がもっとも重視されるようになってきました。ことに、トップの意識は重要であり、それが組織全体に確実に反映して全員の意思と行動を左右します。ビジネスの世界では、意識は最も重要な資本です。
 科学、政治、文化の世界も、意識によって大きく動かされます。意識次第で羅針は方向づけられ、良くも悪くも進んでいきます。
 人間関係においては、意識がすべてといってもいいでしょう。どれほど美しく心地良い言葉も、いかに優しく美しい行為も心が伴わなければ無に等しいものです。深層にある本音の心です。言葉や行為と本音(無意識)との間にギャップがあれば、本音にあるとおりの現象が現れます。現象は、常に本心のみが映し出されます。思いやりの言動も、心の底から湧き出た自然なものでなければ無意味でしょう。心の伴わない親切は、迷惑になることもあります。やっかいなことに、自分自身でも本音か建前かが区別できず、錯覚による思い込みをしているのが人の常です。意識と無意識のギャップが、さまざまな不幸の元凶です。人間関係は、互いの心の反映です。本当に良い人間関係を築こうと望むなら、真実の心が何より大切です。
 意識のメカニズムを正しく認識し、自在にコントロールできれば、真に満足できるいい生き方の最短距離を進むことができます。

脳と心の相関関係

 人が心で何かを思うとき、1000億個の脳細胞では、複雑な電気的物理現象と化学現象が起こっています。この脳細胞の活動は、神経系と血管系を通じ全身の細胞に作用して影響を与えます。身体各部の器官からは、神経系を通じて情報が送られ、脳に影響を及ぼします。心理活動は脳が深く関与しているため、身体全体とも密接に関わってきます。
 意識と深い相関関係にある脳を健全に保つことは、意識をコントロールし整えるためにも大変重要です。脳の機能が低下すると、精神状態を整えることが難しくなります。脳細胞に異常が起これば、精神は不安定になり異常をきたすこともあります。
 脳細胞を健全に保つには、食生活を整えて良質な血液を脳細胞に送ることが最も重要です。また、様々な化学物質、重金属、環境、電磁波、呼吸、姿勢、運動、ストレス等も、脳に深く関与しています。

意識の構造と働き

 意識とは、知性、理性、感性、感情、意志など、自覚・認識できる範囲の精神作用です。一般に顕在意識・現在意識ともいわれます。図―Ⅰ ACの部分です。自覚・認識できない部分を無意識といいます。下意識・意識下・潜在意識ともいいます。図―Ⅰ BDの部分です。
 無意識の活動は自覚することはできませんが、意識とは比較にならないほど複雑多岐にわたる膨大な精神活動を行っています。意識の中では何も考えていない時でも、無意識の世界では様々な思いが行き交い、錯綜し、絶え間なく活動しています。その作用は、知性、理性、身体器官のあらゆるところに影響を及ぼします。直感のように、思考活動を伴わず瞬間に認識し判断する能力や、記憶を司る場なども無意識の分野です。
 感情の領域は、意識活動全体の中で最も作用の強いところです。人が行動を起こす精神エネルギーの源は、感情です。意志の強さ、情熱的な行動力、包容力、協調性、優しさ、思いやり、人間性なども、感情の如何によるところ大です。感情は、深層世界に深く潜在している部分もあります。図―Ⅰ Dの部分です。この領域の精神エネルギーは、最も強大です。
 以上ABCD各分野の意識が、交互に深く関わり合いながら、様々な心理現象となって現われます。

思いが現実化するメカニズム

 とめどなく生まれる欲求・願望が行動を起こし、求めた結果を得て満足する。人は、その繰り返しで生きています。ところが、求めて行動しても満足する結果を得られないのが常です。なぜなら、意識と行動の間のギャップが大きくて方向が一致していないためです。図-2 ABCDの意識分野の方向性がそれぞれ異なっているため、精神作用は内部で葛藤し相殺されてしまいます。意識のすべての分野が同一方向に向いたとき、精神エネルギーは、最大となります。この時、すべてが現実化するベースが出来上がります。 
 意識と無意識の精神エネルギーは、圧倒的に無意識の方が強大です。無意識の中にある想念とイメージは、イメージの方がはるかに大きな力を持っています。感情の持つエネルギーは、さらにそれを超えます。 
 意識分野の方向性を揃えるには、プラスイメージを繰り返しインプットして無意識層に想念とイメージを形成し定着させます。このイメージを脳が現実として認識すると、感情がイメージと結合します。意識がこの状態になると、脳はイメージを現実化するためあらゆる機能を総動員して四六時中働き続けます。やがてイメージは、現実の世界になっていきます。このときの意識の力は、強大です。
 意識をコントロールする方法は、世に数多くあります。ところが、どれほど時間をかけ熱心に取り組んでもほとんど結果は現われないのが現実です。なぜなら、イメージが浅いところで留まっていることに気がつかないからです。イメージは一定の深さまで入らなければ感情層と結びつかず、現実化のパワーにならないのです。つまり、意識のABのところに留まって、CDのところまで到達していないのです。そのレベルでは、いかに強いイメージを作っても現象は起こりません。
 意識全体を同一方向に向けるには、難しい理論や厳しい訓練などは必要ありません。少しのコツさえつかめば、だれでも簡単にできることです。
 コツは、①リラックス感をつかむ ②力まず自然体で行う ③自己を客観視しない ④時間感覚をつかむ ⑤感情分野との結合感 などです。


心を健全化するには

 心を健全化し調和するには、様々な方法があります。TLDでは、安全で合理的な方法を提案します。
 心のチェックで低い点数が出た方は、複数の方法を実践することをお勧めします。


「こころ PART-2」では、心の健康法を詳しく説明します。
////////////

PART-1

心はすべての根源  

現実世界は意識の中にある設計図の反映